このFlash講座1234は,flashソフトを用いてflashアニメをスクリプトで制作し無料で公開したものです

FLASH講座 ーモーショントウイーンー
(8) レイヤー・タイムライン

 複数のアニメーションを時間差を付けて表示する時に、必要になってくるのが、レイヤーとタイムラインの概念です。 ここまでの講座で、ある程度理解できていると思いますが、ここでおさらいをかねて、まとめてみます。
 複数のシンボルのアニメーションを表示させる時は、そのシンボルの数だけレイヤーが必要となります。 1レイヤー、1アニメーションです。 

 

 上のアニメーションのように、image1,2,3が次々にスライドして登場し、白色に一瞬輝きながら、サイズアップして停止する場合の作成方法を以下に示す。
(1)キャンバスの設定:サイズW800、H125、背景色:#006666、
(2)レイヤー1の設定:メッシュ25の格子模様、
(3)レイヤー2を追加し、image1(75×75)のソース画像をステージに読み込み、シンボルに変換し(ムービークリップ、image1、基準点左上)、座標(750,25)、サイズW,H:25に設定する
  (座標、サイズは、「ウインドウ」「デザインパネル」「情報」で情報ウインドウを表示し、ここで数値入力する)
(4)レイヤー2FRAME1で右クリックし、「モーショントゥイーンを作成」、FRAME15にキーフレームを挿入
(5)FRAME15でimage1を、座標(25,25)に移動。 FRAME15のアルファーを50%とする。
(6)FRAME25にキーフレームを挿入し、image1のサイズを75×75とする
(7)FRAME20にキーフレームを挿入し、着色、白、50%に設定
 −−−−−image1のアニメーション完成−−−−−−
(8)レイヤー3を追加し、以下、image2についても上記(3)から(7)を繰り返して、作成する。
   ただし、スタートを、FRAME15とし、(5)での移動先が(125×25)となるように設定する
(9)image3以降、同様の手順で、いくつでも作成できる
以下にimage3まで作成したときの timeline を示す(アニメーション完了後に静止している時間をとるため、FRAME85までフレームを挿入しておく)
 
(注) image2以降のアニメーションの作成方法として以下の方法もあり、場合によっては便利な方法なので追記しておく。
    (a)レイヤー2でimage2のソース画像を挿入し、image1と同様にシンボルに変換し(image2)、ステージから削除する
    (b)レイヤー2FRAME1で右クリック、フレームのコピー、レイヤー2、FRAME15でフレームのペースト
    (c)レイヤー2FRAME15,30,35,40それぞれで、画像を選択し右クリック、シンボルの入れ替えを選び、
      image1からimage2に入れ替える
    (d)各FRAMEでimage2の位置(座標)を設定する
  この方法をとると、モーショントウイーンを作成しなくて済み、複雑なアニメーションを作成するときは便利である。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 このサイトで使用しましたflashソフトはflash mx 2004年版(Flash Japan)- flash8 及び FlashCS3-2007年版です。 flash講座(フラッシュ講座)は、Yoshioka氏(通称、ひげ親父)による制作です。 コツコツと作られたflash素材(flashアニメ、スクリプト)はユーザーの方により保存変更され動画flash(動画フラッシュ)や携帯flash(待受flash)として利用されて来ました。
 氏は、flashスクリプトについての学習を、パソコン塾講師活躍中に始められ、独立した今も続けておられます。  macromedia flashソフトは新しくadobe flash時代に入りましたので、これを機会にflash学習サイトを「flash講座1234」としてリニューアルいたしました。 引き続きご愛顧承りますよう、よろしくお願いいたします。
HOME   Flash講座総リスト     モーショントゥイーン(1)

Copyright (C) 2007-2008 Yoshioka & Hiraoka All Rights Reserved.