このFlash講座1234は,flashソフトを用いてflashアニメをスクリプトで制作し無料で公開したものです

FLASH講座 ーモーショントウイーンー
(10) マスク

 非常に便利なツールの一つである「マスク」は、さまざまな使い方でムービーが彩れます。

その使い方は千差万別であり、工夫次第でいろいろな効果を生み出します。 ここでは、極く基本的な使い方を学び、実用例を掲げることにします。
 マスクと言えば定番のスポットライト。 ライトが当たる画像部分だけが見えるようにするテクニックです。 その一例をテキスト画像を使って説明します。 まずサンプルムービーをご覧下さい。
 
 作り方を説明する前に、原理めいたことを一言。 マスク効果とはマスクレイヤーに指定したレイヤーに描かれている塗りつぶされたシェイプ、テキストオブジェクト、グラフィックシンボルのインスタンス、またはムービークリップを領域として、マスク対象に指定した下層レイヤーの領域部分のみを見えるようにすることです。 要するに、マスクレイヤーに円形が描かれているとしたら、その円形に相当する部分だけの下層レイヤー画像が見えるということです。 その円形は、モーショントウイーンで動いていてもOK。
スポットライト効果の作り方 
(1)キャンバスの設定:サイズW550、H100、背景色:黒、
(2)レイヤーの構成: 上から、円形マスクレイヤー、 テキストレイヤー、 スポットライト背景用レイヤー



(3)テキストレイヤーに「FLASHのお勉強」(HGプリティフランクH、60pt)を配置し、全文字を選択して「修正」メニューから「分解」を2回実施し、シェイプとした後グループ化する。 カラーパレットで文字の塗りつぶしにグラーデーションを選択し、カラーミキサーウインドウで、好みの色付けをする。
(4)テキストレイヤーを挟んで、上層にマスクレイヤーを、下層にスポットライト背景用のレイヤーを追加し、マスクレイヤーにキャンバス左端に直径75pxの円形(何色でもよい)を配置する。 次いで、円形がキャンバスの右端と往復するようにモーショントウイーンを設定する。(上記タイムライン参照)
(5)スポット背景用レイヤーにはキャンバスと同じサイズの矩形を描き、色を灰色にする。
(6)マスクレイヤーを選択し、右クリックで表示されるウインドウで「マスク」にチェックを入れる。
(7)スポット背景用レイヤーのレイヤーアイコンをダブルクリックして現れるウインドウで、「マスクの対象」にチェックを入れる。
テキストをマスクにした効果 
 マスクレイヤーにテキストをおき、文字領域に下の画像を見せることが出来る。 一例を以下に示す。 
 上の例と同じ手法で作成した「FLASHのお勉強を」上層に置き、「スポット」で作成した円形のトゥイーンを下層に置く。 円形をカラーパレットでにぎやかなグラデーションを選び塗りつぶす。 上層をマスクレイヤーに指定すればできあがり。
画像の切り替えに効果
 マスクが良く使われるもう一つの効果として画像の切り替え時にアクセント的な効果を付けるケースである。 ここに示す例は実に雑で稚拙なものであるが、手法が良く分かると思うので載せることにする。 マスクの形状や減速効果、時間差、画像選択などに工夫を凝らせばもっと見栄えのいいもが出来上がる。
   
    image1、image2は同じ画像、image1だけをマスク対象にする
    18FRAME以降は単に画像を停止するために置いてあるだけ
 (1)2つのレイヤーのそれぞれに同じ画像を配置する
 (2)2つの画像に同じ位置で移動するモーショントウイーンを作成する
   ただし、上のタイムラインのように、上層の画像の終了FRAMEを大きめに取る
 (3)2つのトゥイーンに+100のイージングを設定する
   イージングをもっときめ細かに設定する方法は、アクションスクリプトの「移動の停止」
   を参照のこと
 (4)最上層にレイヤーを追加し、左図のようなマスクを描く(色は何色でも良い)
   マスクの形状は、ドット、スポット、横短冊、くの字短冊、弓形短冊などなどの選択が可
 (5)マスクを描いたレイヤーを選択し、右クリック、マスクを設定


なお、この手法は複数の画像を(マスク形状を変えて)切り替えるのによく使われている。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このサイトで使用しましたflashソフトはflash mx 2004年版(Flash Japan)- flash8 及び FlashCS3-2007年版です。 flash講座(フラッシュ講座)は、Yoshioka氏(通称、ひげ親父)による制作です。 コツコツと作られたflash素材(flashアニメ、スクリプト)はユーザーの方により保存変更され動画flash(動画フラッシュ)や携帯flash(待受flash)として利用されて来ました。
 氏は、flashスクリプトについての学習を、パソコン塾講師活躍中に始められ、独立した今も続けておられます。   macromedia flashソフトは新しくadobe flash時代に入りましたので、これを機会にflash学習サイトを「flash講座1234」としてリニューアルいたしました。 引き続きご愛顧承りますよう、よろしくお願いいたします。
                                                                       (by Hiraoka)
HOME   Flash講座総リスト    モーショントウイーンー(11)