このFlash講座1234は,flashソフトを用いてflashアニメをスクリプトで制作し無料で公開したものです
************FLASH講座リストこのページをお気に入りに入れる

モーショントゥイーン
1.直線運動: オブジェクトの直線的移動、モーショントゥイーンの基本 ←初心者の方にはここからがおすすめ
2.曲線移動: 放物線移動、サイン曲線移動など
3.イージング: 移動・停止の遅延、加速効果
4.カラー属性: アルファ値、着色、明度の変化
5.回   転: 往復半回転、回転
6.反   転: 連続反転による3Dスピン←反転、回転、移動(落下)でハラハラと落ち葉のようです。
7.拡大・縮小: 連続拡大・縮小運動
8.レイヤー・タイムライン: レイヤー、タイムラインを使用した複数トゥイーンの設定
         ↑かっこいい!! フラッシュならではのスピード感を演出する基本パターンです。
特1.写真の出し入れ(1): 上記基本機能を使った写真の登場・退場
特1.写真の出し入れ(2): 応用作例(1)
特1.写真の出し入れ(3): 応用作例(2)
特1.写真の出し入れ(4): ブラインドタッチの開閉 
特1.写真の出し入れ(5): スライス画像の動く集合体
特1.写真の出し入れ(6): 写真を短冊状矩形でスライス、回転エフェクト付与
特1.写真の出し入れ(7): マスク、塗の変形、シェイプトゥイーンを使った切り替え

ご質問は、Q&A(BBS)にお書き込み下さい。


その他のトゥイーンなど

9.シェイプトゥイーン: シェイプトゥイーンの作成 ←移動しながら変化するアニメ…です。
10.マスク: マスク作成の基本 スポットライト、トランジションなど
11.フィルター効果の応用: Ver.8で追加されたフィルター機能を使った画像、テキスト色変化
12.ビットマップのトレース: 写真からビットマップのトレースで人物部を切り取りトゥイーンをつける

アクションスクリプトの実践的事始(基本編)
1.直線運動:  オブジェクトの直線的移動、アクションスクリプトの基本
2.曲線移動:  放物線移動、サイン曲線移動など
3.移動の停止:  移動オブジェクト停止の遅延、慣性効果のスクリプト
4.ムービーの開始・停止: ボタン操作によるムービーの制御
5.テキストスクロール: 外部ファイル読み込み型テキストスクロール
6.マウストレイル: マウスに追随する星(遅延効果、慣性効果)
7.ランダムモーション(1): 色、位置、移動方向などの無作為発生
8.ランダムモーション(2): 画像表面を行きかう帯の色、幅、移動速度 ←風景写真が綺麗に見える!
9.虫 眼 鏡: マスクを使った定番虫眼鏡を簡単スクリプトで
10.デジタル時計・アナログ時計
11.ストップウオッチ・タイマー

アクションスクリプトの実践的事始(応用編)
1.アクセスカウンター(1): flashの中にカウンター、cgiとその利用
2.アクセスカウンター(2): スクリプトで踊る数字を
3.外部swfの読み込み: プレイ中のflashの中に、外部flashファイルを読み込む
4.雪が降る: 定番の雪の舞うアクションに歌詞をカラオケ風に表示 ←失恋した方におすすめ
5.カラーミキサー: カラーパレットの作成、マウス位置の色でオブジェクトを塗る
6.波  紋: 外部ファイルクラスの作成・利用  ←写真の水面で…波紋が、広がってる!
7.テキストのエフェクト: 文字列に移動、回転などのエフェクトを付与する汎用クラスファイル
8.テキストのエフェクト(2):Ver.アップ版

アクションスクリプトの実践的事始(活用編)
・ナビゲーション、ギャラリー
1.マウスに反応してスクロールするナビ: ←新幹線の大好きな少年にはこちら
2.イメージマップ風ナビ: ロールオーバーで画像の円形部分が拡大
3.伸縮ナビ(1): 縦に並んだメニューバーがロールオーバー・アウトで伸縮
4.伸縮ナビ(2): 平面2次元に並んだセルがロールオーバー・アウトで伸縮
5.複数テーマ対応フォトギャラリー: テーマボタンのクリックでサムネイル群が発生整列
6.スライド型ナビ・ギャラリー: ロールオーバーでメニューが、クリックで写真がスライド出現
           ↑タイムマシーンに乗った気分です
7.移動・拡大型フォトギャラリー:サムネイルがまず移動し、次いでスクリーン一杯に拡大(クラス使用)
8.複数シリーズ対応フォトギャラリー(2): サムネイルがスライドして登場
9.XMLファイルデータ呼び出し(読み込み)型スライドショー
10.拡大・縮小・スライド機能付きビューアー: ボタン操作で動く
11.クリックで画像が拡大・縮小する画像ギャラリー: 画像クリックで拡大・縮小
12.画像枚数読み取り型スライドショー: 画像フォルダ内の連番ファイルの入れ替え、増減OK
13.BitmapDataクラスを使って画像をスライス: スライスに切り分けて、それぞれにアクションを
14.BitamapData.copyChnnel を使って画像に透明グラデーションをほどこす
15.FLASHで旅行アルバム: 訪問地毎にサムネイル群を発生、クリックで拡大写真表示 ←山の好きな方におすすめ
16.フォト・ビューアー: 並べたサムネイルをクリックすると拡大写真が表示される
17.3Dフリップ風フォトアルバム:ウインドウビューワーでフォトアルバム ←花の好きな方におすすめ
18.マウストレイルとフォトビューアーとの組合せ:
19.FLASHフォトビューアー2:マウス位置によってサムネイルが動くタイプ ←虫好きな男の子におすすめ

・マルチメディア関連
20.mp3プレイヤー: サウンドon/offボタン及び音量調整つきプレイヤー ←ブレイクタイムの方におすすめ
21.動画再生: メディアコンポーネントの使用及びスクリプトでflvファイル再生
22.FLASH動画(ビデオ)ビューアー:サムネイルロールオーバーで再生開始、リリースで拡大
                 ↑花火好きな方にはこれ
 

アクションスクリプトの実践的事始(実務編)
1.プレゼンテーション: 棒グラフ ←サラリーマンの方におすすめ
2.Webサイト作成例(1): アフィリエイトサイト
3.Webサイト作成例(2): 化粧品販売サイト
4.xml データ呼び出し型ショッピングカート(買い物かご): flashムービーで商品説明
5.FLASHによるCGI不要フォームメール(1): メーラー起動型
6.FLASHによるCGI不要フォームメール(2): 必須項目未記入チェック、E-mail書式チェック
7.FLASHによるフォームメール(cgiのsendmail使用):メール送信にだけcgiを使う

アクションスクリプトの実践的事始(携帯編)
1.デジタル時計: アニメーションを付加したデジタル時計
2.ストップウオッチ・タイマー: 両方の機能を持つ複合型
3.スライドショー: 外部画像ファイル(jpg)読み込み型(FlashLite2.0向け)
4.スライドショー: 外部画像ファイル(swf)読み込み型(FlashLite1.1向け)
5.アナログ時計: 時刻毎にアニメが出現(FlashLite2.0向け)←ほんとう〜! ひよこちゃんたちが飛び出してるー。
6.画像ギャラリー: サムネイル表示の画像から左右キーで選択し、決定ボタンで表示させる
7.画像ビューアー: 画面一杯に配置されたサムネイルを4方向キーで選択、決定ボタンで拡大
8.サイトメニュー: メニューバーの動的作成とリンクの貼り方
9.アナログ時計: アニメ付き(FlashLite1.1向け)
フりーメニューバー  ここに掲げたメニューバーをクリックするとページが開き、バーを並べた状態が確認できます。また、作成・利用方法の記載があります。flaファイルがダウンロードできますので、興味のある方は使ってみてください。ご使用は商用、個人用にかかわらずフりーです。リンク、使用申し込みなどは不要です。ただし、著作権を放棄するものではありませんので、無断で、このまま転載、販売することはお断りします。
           
       
本サイト内容のご利用について
フりーメニューバーを始め、本サイト内容をご利用いただくのは、個人用、商用を問わずフりーです。リンクや断り書きも不要です。 しかし、著作権を放棄するものではありません。 本内容の全部あるいは一部を無断でそのまま記事として転載したり、販売に供することはお断りいたします。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このサイトで使用しましたflashソフトはflash mx 2004年版(Flash Japan)- flash8 及び FlashCS3-2007年版です。

 flash講座(フラッシュ講座)は、Yoshioka氏(通称、ひげ親父)による制作です。
 コツコツと作られたflash素材(flashアニメ、スクリプト)はユーザーの方により保存変更され動画flash(動画フラッシュ)や携帯flash(待受flash)として利用されて来ました。
 氏は、flashスクリプトについての学習を、パソコン塾講師活躍中に始められ、独立した今も続けておられます。 
  macromedia flashソフトは新しくadobe flash時代に入りましたので、これを機会にflash学習サイトを「flash講座1234」としてリニューアルいたしました。 引き続きご愛顧承りますよう、よろしくお願いいたします。
                                                                       (by Hiraoka)
 HOME   Flash講座総リスト    

FlashはWebサイトをムービで彩る定番ソフトとして君臨しています。 華やかに踊る画面を見ていると、思わず引き込まれていきます。 現在は、その重さやまどろこしさ(なかなか画面が出てこなかったり、核心を早く見たいのに待たされる)ことから、ショッピングサイトやビジネスサイから敬遠されていますが、ブロードバンド普及とともに、これからは上手に使えば閲覧者を引き付ける強力な武器となり得る可能性は高いと思います。ところがこのFlashは、非常にとっつきにくいソフトで、慣れない人がムービーを作ろうとしてもとても一筋縄ではいきません。 かつての私がそうであったように、ソフトを手にしたものの、放り出したままになっているユーザーがどれほど多いことでしょう。 私が別ページで勉強しているSWiSHはその点非常によく出来たソフトで、多彩なFlashムービーがいとも簡単にできてしまうし、用意されている雛形の数も膨大です。 したがって、通常のページを作るのであれば、このSWiSHで十分ですし、そのユーザビリティーからいえば、SWiSHの方がはるかに優れているともいえるでしょう。

 それなのになぜFlashのお勉強を始めるかというと、本格指向の人たちがFlashを勉強したがっていて、しかも、次々に討ち死にしている姿を目にしていると、なんとか入り口ぐらいは通過する手助けができればとふと思ったからなのです。 かく言うわたくしめもFlash落第生の一人ですけれど、何が分かりにくいかと言うことが分かっている者の強みを生かして、一から解説していきたいと思っています。

まずは、モーショントゥイーンを作成する初歩の段階からお勉強をはじめ、タイムラインの使い方に慣れながら これらの一つ一つの動かし方を順次習得していただければ、FLASH作成の入り口に近づけるのではないでしょうか。なお、FLASHにもタイムラインエフェクトと言って単純な設定でエフェクトを付けることのできる機能が備わっていますが、今のところこの機能はSWiSHの足元にも及ばない代物で、使いものにはなりません。 したがって、お勉強はモーショントゥイーンというアニメーションから始めることにいたします。

 さらに、FLASHを手がける上で避けて通れないアクションスクリプトのお勉強に進みますが、本サイトでは、実践的にムービを作りながら身につけていくことにいたします。